Webhook APIを使って添付ファイル付きメールを処理する(PHP編)

Customers Mail Cloudではプログラム側からデータを取得したり、メールを送信するWeb APIの他に、Customers Mail Cloudでメールを受信した時にイベントを伝えてくれるWebhook APIが用意されています。 Webhook APIを使うことで、自前でメールサーバを立てず…

Webhook APIを使って添付ファイル付きメールを処理する(Ruby編)

Customers Mail Cloudではプログラム側からデータを取得したり、メールを送信するWeb APIの他に、Customers Mail Cloudでメールを受信した時にイベントを伝えてくれるWebhook APIが用意されています。 Webhook APIを使うことで、自前でメールサーバを立てず…

Customers Mail Cloud用Pythonライブラリを使ってAWS Lambdaでメール送信を行う

Customers Mail CloudはSMTPまたはWeb APIを使ってメール送信を行えます。SMTPを使える環境であれば、Postflixなどを使う方がメール送信は簡単かも知れません。しかし、メール送信はスパムやフィッシングメールなどにも通じるので、メール送信機能を提供して…

サービス規約改定のお知らせ

お客様各位 平素より Customers Mail Cloud に格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 この度、民法改正にあわせ、Customers Mail Cloud をご利用されておりますお客様、および、 ご利用を検討されているお客様にとって、よりわかりやすい規約とな…

Transactional Email APIを使って送信完了したメールを一覧取得する(Node.js編)

Transactional Email APIを使うと、メール送信に関する結果データを参照したり、ブロックリストの編集などを行えます。Webhookとは異なり、データを任意のタイミングで取得できますので、バッチ処理などに向いているでしょう。 今回はそのTransactional Email…

Transactional Email APIを使って送信完了したメールを一覧取得する(Python編)

Transactional Email APIを使うと、メール送信に関する結果データを参照したり、ブロックリストの編集などを行えます。Webhookとは異なり、データを任意のタイミングで取得できますので、バッチ処理などに向いているでしょう。 今回はそのTransactional Email…

Transactional Email APIを使って送信完了したメールを一覧取得する(Ruby編)

Transactional Email APIを使うと、メール送信に関する結果データを参照したり、ブロックリストの編集などを行えます。Webhookとは異なり、データを任意のタイミングで取得できますので、バッチ処理などに向いているでしょう。 今回はそのTransactional Email…