Transactional Email API

Customers Mail CloudのGoogle Apps Scriptライブラリでメール配信状態を取得する

Customers Mail Cloudには大きく分けて3つのAPIが用意されています。 メール送信 Webhook メール配信状態取得、更新 メール送信APIはSMTPやWeb APIを通じてメール送信を行います。Webhookはメールの受信や配信結果を受け取るための仕組みです。そしてメール…

Node.jsライブラリからTransactional Email APIを操作する

Node.jsでメール送信を行う際にはnode-sendmailを使うのが基本だと思いますが、環境によってはSMTPが使えない場合もあります。そうした時にはWeb API経由でのメール送信が便利です。 Customers Mail Cloudにはメール送信用のAPIが用意されていますが、今回は…

Transactional Email APIを使って送信完了したメールを一覧取得する(Node.js編)

Transactional Email APIを使うと、メール送信に関する結果データを参照したり、ブロックリストの編集などを行えます。Webhookとは異なり、データを任意のタイミングで取得できますので、バッチ処理などに向いているでしょう。 今回はそのTransactional Email…

Transactional Email APIを使って送信完了したメールを一覧取得する(Python編)

Transactional Email APIを使うと、メール送信に関する結果データを参照したり、ブロックリストの編集などを行えます。Webhookとは異なり、データを任意のタイミングで取得できますので、バッチ処理などに向いているでしょう。 今回はそのTransactional Email…

Transactional Email APIを使って送信完了したメールを一覧取得する(Ruby編)

Transactional Email APIを使うと、メール送信に関する結果データを参照したり、ブロックリストの編集などを行えます。Webhookとは異なり、データを任意のタイミングで取得できますので、バッチ処理などに向いているでしょう。 今回はそのTransactional Email…