PPAPの代わりに。ファイルアップロードサービスまとめ

最近はPPAP廃止の動きもあり、メールに添付ファイルを直接付けるのではなく、外部のストレージサービスにアップロードして、そのURLを提示する機会が増えています。

相手のメールボックスストレージを逼迫することなく、万一送り先を間違えた場合にもストレージサービス側のファイルを削除することで漏洩を防ぐことができます。

今回はそうしたクラウドベースのファイル共有、アップロードサービスを紹介します。

ファイルアップロード

DAPP l Smooth File

DAPP(Device-Authenticated Password Protocol)という、各端末ごとに生成するIDによって認証を行う方式を取っています。そのためその端末でしか使えないので、鍵が漏洩したとしても問題ないのが特徴です。

PPAPやパスワード送付問題を解決する新技術DAPP l Smooth File

GigaFile(ギガファイル)便

ファイルの保存期間はマックス100日、1ファイル300GBまで対応しています。ダウンロード時に指定するパスワードが設定できます。

無料大容量 ファイル転送サービス GigaFile(ギガファイル)便

ACデータ

ユーザー登録なしで14日間、10GBのファイルストレージになります。ユーザー登録すると65日間保存できます。写真ACなどのプレミアムユーザーだと30GBにアップデートされます。

大容量無料ファイル転送ならACデータ

firestorage

無料の場合1ファイル2GBまで、最大7日間保存できます。ダウンロード用にパスワード設定が可能です。課金によってファイル容量が増やせます。法人プランも用意されており、企業での利用にお勧めです。

容量無制限の無料オンラインストレージ firestorage

データ便

ユーザー登録なしで1ファイル500MB、期間は3日間になります。ユーザー登録すると2GBにファイルサイズが増えます。ビジネスプラン(月額330円または550円)になるとファイルサイズ無制限になります。

データ便 |無料無制限の大容量ファイル送信サービス - トップ

おくりん坊

ログインなしで500MB、ログインすると2GBのファイルまで送れます。有効期限は7日間固定となっています。また、30回ダウンロードすると自動で削除されます。

大容量無料ファイル転送サービス「おくりん坊」

Filemail

1ファイル5GBまでのファイルを安全に送信できます。特に独自のUDPプロトコルが実装されており、他サービスと比べて高速ダウンロードできるのが特徴です。

大容量ファイルを無料で送信 - 高速で安全なファイル転送 - Filemail

クラウドストレージ

Google Drive

Google Driveはメールアドレスを指定して特定ユーザーとだけ共有するか、URLを知っている人であれば誰とでも共有するかの指定ができます。クラウドストレージとして使いながら、必要に応じて共有できるのが便利です。

個人向けのクラウド ストレージおよびファイル共有プラットフォーム - Google

Dropbox

DropboxもGoogle Drive同様にクラウドストレージとして使いながら、共有もできます。共有されたユーザーは直接ダウンロードも、Dropboxへの保存もできます。

安全なチーム コラボレーション

Box

Boxもクラウドストレージになります。Box上から組織外のユーザーに対してもファイル共有ができます。Boxはより企業ユースのサービスなので、ビジネス上で利用しながら必要に応じてファイル共有ができるでしょう。

Box — セキュアなクラウドコンテンツ管理、ワークフロー、コラボレーション

OneDrive

OneDriveはMicrosoft社のクラウドストレージになります。Office 365との連携が便利です。他のクラウドストレージと同様に専用クライアントがあるので、WindowsやmacOSから通常のファイルと同じように使いつつ、必要な時にはそのファイルを外部ユーザーと共有できます。

無料のクラウド ストレージ - ファイル共有 | OneDrive

まとめ

ファイルアップロードサービスは、数GBになるような巨大なファイルを共有するのに便利です。それほどに巨大なメールは送信側、受信側のどちらかで拒否される場合があるでしょう。そうした時に便利です。

クラウドストレージは普段からファイルを保存しつつ、必要になったファイルを手早く共有するのに使えます。メールに添付するファイルがなくなれば、メールサイズも軽減されて素早く送れるようになるでしょう。