カスタマーサービスをAIによって効率化、レベルアップできるサービスまとめ

最近ではカスタマーサービスをチャットで行うWebサービスやアプリも増えていますが、まだまだメールの利用は多いです。そして最近伸びているAIを組み合わせることで、カスタマーサービスを効率化したり、さらに高いレベルで提供できるようになります。

本記事では特にメールを用いたAI × カスタマーサービスを紹介します。

EmailTree.ai

メールの文面をブロック単位で組み合わせることで自動生成するサービスです。顧客の情報をインプットすることで、メールごとに文面を変更します。これにより、カスタマーサービスにおけるメール作成の時間を大幅に軽減できます。

AI Customer Service Automation Software | All-in-One | EmailTree.ai

AIRI(アイリ)

過去のメール対応事例をデータベース化し、メールやチャットにおける最適な文章を生成します。お問い合わせ内容を分析し、過去事例と照らし合わせて最適なメール文面を返してくれます。メール文面の作成時間の省力化はもちろん、サポート品質の標準化にも貢献します。

AIRI(アイリ) AI事例検索ツール

ThinkOwl(シンクオウル)

メール文面を分析し、問い合わせ内容の把握と分類分け、担当者へのアサイン、回答のサジェストなどを行います。問い合わせの一元管理により、進捗の把握やチーム内での共有が促進されます。AIにより優先順位付けや、過去の履歴や関連情報も表示されます。

ThinkOwl(シンクオウル) - AI×RPA お問い合わせ管理システム

Support Emails

メールの中に記述したい項目を箇条書きにすると、送信すべき内容を生成してくれます。英文のみ対応なのが残念ですが、使いやすいサービスです。Google Chrome機能拡張があり、Gmail上での返信時に利用できます。レビューなどの返信にも利用できるようです。

Support Emails

Service Cloud カスタマーサービス用 AI

セールスフォースが提供する、Einstein AIと名付けられているAIが利用できます。問い合わせ内容の分析に加え、優先順位や担当者のアサインが自動化されます。顧客ごとのセルフサービスのレコメンドにより、担当者が次に取るべきアクションを提示してくれます。

Service Cloud カスタマーサービス用 AI|カスタマーサービス | セールスフォース・ジャパン

文章執筆AI「ELYZA Pencil」

キーワードを2〜8個登録すると、ニュース記事やメール文面、職務経歴書などの文章が生成されます。イライザという法人利用向けの大規模言語AIが用意されています。日本語に特化しているので、日本企業向けにちょうど良いメール文面が生成されます。

文章執筆AI「ELYZA Pencil」

まとめ

メールとチャットでは同じカスタマーサービスでも文面が全く変わってきます。それぞれに最適化された文章を生成してくれるAIを利用することで、より品質高いカスタマーサービスが提供できるでしょう。メールはビジネス上、一日に何十通もやり取りされますが、それだけに高品質なメール文面にはこだわりたいものです。

Customers Mail Cloudを利用すれば、安定して大量のメール配信が可能になります。ぜひお試しください。