オープンソースから有料まで。メーリングリストサーバー/サービスまとめ

情報共有したり、メッセージを交換する手段は様々に存在しますが、メーリングリストはその古参とも言えるサービスになります。現在では主流ではありませんが、かつてはメーリングリストだけが唯一のメッセージ交換方法だった時代もありました。

とはいえ今なおメーリングリストは活用されています。今回はオープンソースや無料サービス、そして有料サービスまで様々なメーリングリストサーバーを紹介します。

オープンソース

自分でメーリングリストサーバを立てるのであれば、オープンソースのものを使うのが良い選択肢になるでしょう。過去には多くのメーリングリストサーバーがありましたが、現在も開発が継続されているものは多くないようです。

GNU Mailman

f:id:moongift:20220223211930p:plain

Webインタフェースがあり、そこから購読や停止を行うことができます。2系はC言語で開発されていましたが、3系になってPythonに変更されています。そのためコンパイルなどが不要になったので、動作させるのが容易になっています。

GNU Mailman

Sympa

f:id:moongift:20220223211954p:plain

100万人規模のメーリングリストでも対応できるメーリングリストサーバーです。LDAP認証を使ったり、DKIMやS/MIMEにも対応しています。外部連携としてSOAPでのAPI公開も可能です。他にも不達の場合のリスト解除機能があります。

Sympa 6.2.68 released [Sympa mailing list server]

無料サービス

外部サービスを利用する場合、一部広告が追加されるものがあります。自分でサーバーを立てない分、利用開始までの敷居は低いでしょう。

ALLSERVER.JP

f:id:moongift:20220223212008p:plain

2005年から運用されている古参のメーリングリストサービスです。メール本文に広告は差し込まれません。ガラケーでも使えるのが便利です。

メーリングリスト[無料&広告なし]ALLSERVER.JP

Google Group

f:id:moongift:20220223212113j:plain

Google Groupはメーリングリストを提供しつつ、Web上でも返信をしたり、新規投稿ができます。フォーラム的な使い方をサポートしながら、メールでメッセージの受信もできるといった仕組みが便利です。オープンなもの、企業内だけのものといった使い分けもできます。

Google Group

GroupML

f:id:moongift:20220223212131p:plain

SPF,DKIM,DMARCなどのなりすまし対策にも対応しており、メールボックスに確実に届くメーリングリストサービスです。添付ファイルは500KBまでとなっています。

GroupML 無料メーリングリストサービス

らくらく連絡網

f:id:moongift:20220223212148p:plain

チームや少人数でのグループなどで使われることが多いようです。回答集計機能でアンケートをしたり、日程調整を行えるようになっています。

誰でも簡単作成!無料メーリングリスト「らくらく連絡網」

有料サービス

有料サービスは無料サービスとは異なり、広告などが差し込まれないのが利点です。優良な分、多機能なものが多いようです。

MLIST

f:id:moongift:20220223212203p:plain

月額440円からの有料サービスです。人数によって料金が異なります。CSVインポートでリストを作ったり、固定のメッセージをメール内に差し込む機能があります。

MLIST メーリングリストサービス

ドメインのおうち

f:id:moongift:20220223212217p:plain

年間5500円からのサービスとなっています。メンバーごとに配信時間を設定したり、禁止コマンドを設定したりできます。

ドメインのおうち

まとめ

メーリングリストは現在では決して主流ではありませんが、まだまだ活用されています。特にガラケーやPCしかない人たちであってもメールアドレスは持っているので、一番用意に手間がかからないメッセージ交換手段でもあるでしょう。

オープンソース・ソフトウェアの選択肢は減っていますが、それでも今なお開発が行われています。無料または有料サービスなど選択肢は様々にありますので、最適なものを選択してください。