Customers Mail Cloud サービス規約改定のお知らせ

平素よりCustomers Mail Cloudに格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

この度、Customers Mail Cloud サービス規約を下記の通り改定いたします。お客様により安心してサービスをご利用いただけることを目的に、文言の変更等を行いました。 なお、この改定に伴いご利用中のみなさまに行っていただくお手続きはございません。

■改定の対象

Customers Mail Cloud サービス規約

■新規約の改定日

2022年2月15日

■新規約の変更点

https://smtps.jp/application/sa_difference_20220215.pdf

■主な変更点

第14条(禁止行為)第1項第5号
送信IPのレピュテーションの低下につながる可能性のある具体例を追記いたしました。

第21条(再委託)
現規約第26条から移設し、新規約第22条第10項の場合を除く文言を追記しました。

第22条(個人情報等の保護)
現規約第22条(情報の取扱い)から、個人情報の取り扱いに係る事項を新規約第22条(個人情報等の保護)に移設し、かつ、内容を明瞭化いたしました。当社が取得する個人情報等の内容や利用用途に変更はございません。

第23条(情報の保護)
現規約第21条(情報の保護)から移設し、新規約第22条との整合をとりました。

第24条(情報の取扱い)
現規約第22条(情報の取扱い)から移設し、新規約第22条との整合をとりました。

第33条(評価版の利用)第2項
これまで90日間としていた、本サービスの評価版利用期間を、60日間へ変更いたしました。 なお、本日以前に、当社より個別にご案内差し上げていた場合を除き、規約改定日以前から本サービスの評価版をご利用中のお客様は、現規約に則り90日間ご利用いただけます。

別紙1.6.5.(暗号化による管理策の利用方針)
お客様にご利用いただける暗号化通信のTLSバージョンを、最新の状態へ更新いたしました。

その他
その他、文意を明確にするための変更等を行いました。


本規約の改定日以降に本サービスのご利用を継続されているお客様については、改定後の規約に同意したものとみなします。

Customers Mail Cloud は、今後もよりよいサービスの提供を行えるよう、精一杯務めて参ります。 引き続き変わらぬご愛顧を賜りますとともに、サービス規約の改定についてご理解いただけますよう、 何卒お願い申し上げます。