メールアドレスが存在するか事前チェックできるサービス・ソフトウェア・APIまとめ

メールアドレスの存在確認を行う際には、メールを実際に送信してみるのが一番早いでしょう。しかし、相手にメールが送れなかったり、何らかのフィルターにかかってしまうこともあります。そこで、APIを通してメールアドレスの存在チェックを行えるWebサービス、オープンソース・ソフトウェアを紹介します。

Webサービス

各Webサービスの機能はあまり大きくは変わりません。料金などについて解説します。

Email Checker

f:id:moongift:20210815153016p:plain

サービスは無料で利用できるようです。バルクではなく、1メールアドレスずつ確認します。

Email Checker - Verify Email Address For Free With Our Email Verification Tool

Email Verifier

f:id:moongift:20210815153039p:plain

月50件の確認まで無料です。1件ずつ、またはバルクでのチェック、APIによるチェックが用意されています。その後は月49ドル(月1,000件のチェック)からの有償になります。

Email Verifier - Verify any email address • Hunter

Email Checker

f:id:moongift:20210815153059p:plain

無料はなく、14ドル(上位プランあり)での1,000回チェック分のクレジットが購入できます。または月10ドルの月額課金(こちらも上位プランあり)で1,000メールアドレスをチェックできます。

Capture Accurate Emails | Email Checker

Free Email Verifier

f:id:moongift:20210815153120p:plain

無料ですが、1メールアドレスずつしかチェックできません。バルクでのチェックはHubSpotを利用するようです。

Free Email Verifier - 1 click to verify every email in your contact list

NeverBounce

f:id:moongift:20210815153136p:plain

10,000メールアドレスまで、1件あたり0.008ドルでチェックします(つまり10,000アドレスは80ドルになります)。

NeverBounce: Verify & Clean Bulk Email Lists

validity

f:id:moongift:20210815153212p:plain

5,000アドレスまで、1件あたり0.01ドルでチェックします(5,000アドレス50ドルになります)。

validity

Reacher

f:id:moongift:20210815153233p:plain

月50件まで無料でチェックできます。その後、10,000件まで69ドルのサブスクリプションになります。オープンソースなので、自分のサーバ上で動かすこともできます。

Reacher - Open-Source Email Verification API

オープンソース・ソフトウェア

オープンソースのライブラリです。上記サービスに頼らずに、自分でサーバを立てて実行したり、ローカルで検証できます。

注意点

メールアドレス実在検証サービスはSMTPサーバに問い合わせてユーザの存在を確認したりします。そのため、大量の検証を行うと相手のメールサーバから拒否される可能性があります。そのため、ローカルの実行ではなく、外部サービスが代行する意味があるようです。

まとめ

大量のメールアドレスがあっても、それらがダミーのものであればメールを送るだけ無駄になってしまいます。リストの整頓をする意味でも、存在を確認する意味があるでしょう。無駄なく、効率的なメール送信がメールマーケティングやシステム負荷の改善につながるはずです。

Customers Mail Cloudでは配信したメールが受信箱に適切に届く、そんなメール配信を可能にします。安定した大量配信を実現するためにも、ぜひご利用ください。

クラウドからのメール送信を簡単に。確実に。| Customers Mail Cloud