【重要】Customers Mail Cloud TLS 1.0/1.1 サポートに関するお知らせ

平素より、Customers Mail Cloud をご利用頂き誠にありがとうございます。

このたび、当社サービスではセキュリティを強化するために、「TLS 1.0 / 1.1」のサポートを順次終了し、より安全な「TLS 1.2」に移行することをお知らせいたします。

既に主要ブラウザおよびSaaSベンダー各社が TLS 1.0 / 1.1 のサポート終了を表明し対応を進めていること、および、当社サービスの基盤技術である Java において 2021年4月のアップデートで TLS 1.0 / 1.1 がデフォルト無効化となったため、上記の対応を決定いたしました。

1. 影響

■管理コンソール、および、Transactional Email API

当社にてアクセスログを調査し、TLS 1.0 / 1.1 でのアクセスがないことを確認したため、2021年8月末をもって、TLS1.0 / 1.1 のサポートを終了いたします。
本対応でのお客様への影響はございませんが、サポート終了後、ブラウザを使用して管理コンソール、および、プログラムを使用して Transactional Email API にアクセスする際に、TLS 1.2 に非対応である場合、HTTPS通信ができなくなります。

■Standardプラン(te.smtps.jp, および, sandbox.smtps.jp)

Standardプランのメールサーバーについては、TLS 1.0 / 1.1 のサポートを継続して提供します。
STARTTLSによる暗号化通信、および、Email Sending API のHTTPS通信において、TLS 1.0/1.1/1.2をご利用頂けますため、本対応でのお客様への影響はございません。

■Proプラン(SUBDOMAIN.smtps.jp)

Java のデフォルト無効化対応により、2021年5月以降にProプランをご契約されたお客様(TLS1.0の利用申請された場合を除く)においては、TLS1.2のみが利用可能な状態となっております。今後新規にProプランをご契約されるお客様も同様の状態で出荷いたします。
本対応でのお客様への影響はございません。

2021年5月以前にProプランをご契約されたお客様、および、2021年5月以降にProプランを契約し、かつ、TLS1.0の利用を申請された場合においては、TLS 1.0 / 1.1 のサポートを継続して提供します。
STARTTLSによる暗号化通信、および、Email Sending API のHTTPS通信において、TLS 1.0/1.1/1.2をご利用頂けますため、本対応でのお客様への影響はございません。
セキュリティ強化のため、TLS 1.0/1.1 の無効化をご希望のお客様は、サービスサポート宛にお申し付けください。

2.本件に関するお問い合わせ

本件に関するお問い合わせは、顧客ID(管理コンソールの上部右にある CMCxxxxx )と、 会社名及び氏名をご記入のうえ、テクニカルサポートセンター(hde-cm@hennge.com)までお問い合わせください。