技術情報

Customers Mail CloudのTypeScriptライブラリでメール配信状態を取得する

Customers Mail Cloudには大きく分けて3つのAPIが用意されています。 メール送信 Webhook メール配信状態取得、更新 メール送信APIはSMTPやWeb APIを通じてメール送信を行います。Webhookはメールの受信や配信結果を受け取るための仕組みです。そしてメール…

Vercel と Customers Mail Cloud を連携してお問い合わせフォームを作る

静的サイトホスティングサービスが増えていますが、その中でも最近人気なのがVercelです。多種多様なフロントエンドフレームワークと連携する仕組みが用意されています。NetlifyやFirebase Hostingと比較している方も多いでしょう。しかし、Webサイトは静的…

AWS LambdaでRubyライブラリを使って添付ファイルを送信する

AWS Lambdaでは多くのプログラミング言語が使えますが、その中にRubyもあります。バージョンは執筆時点(2020年08月)で2.7となっており、最新に対応しています。もちろんこのRubyとCustomers Mail CloudのRubyライブラリを組み合わせてメール送信も可能です…

Customers Mail Cloud用のRubyライブラリで添付ファイルを送信する

Rubyでメール送信を行う際にはTMailやMail、ActionMailerを使うのが基本だと思いますが、環境によってはSMTPが使えない場合もあります。そうした時にはWeb API経由でのメール送信が便利です。 Customers Mail Cloudにはメール送信用のAPIが用意されています…

Webhook APIを使ってAWS Lambdaを呼び出す

Customers Mail Cloudではプログラム側からデータを取得したり、メールを送信するWeb APIの他に、Customers Mail Cloudでメールを受信した時にイベントを伝えてくれるWebhook APIが用意されています。 Webhook APIを使うことで、自前でメールサーバを立てず…

Transactional EmailのZip暗号化設定について

Customers Mail Cloudの中に、Transactional Emailの暗号化設定というのがあります。これを使ったことがある方は、それほどいないのではないでしょうか。 今回はその使い方を実際のコードを含めながら紹介します。

Webhook APIを使って添付ファイル付きメールを処理する(Node.js編)

Customers Mail Cloudではプログラム側からデータを取得したり、メールを送信するWeb APIの他に、Customers Mail Cloudでメールを受信した時にイベントを伝えてくれるWebhook APIが用意されています。 Webhook APIを使うことで、自前でメールサーバを立てず…

デザイナーでもなくとも。HTMLメールを作成できるツール16選

HTMLメールを作成する際には、そのソースであるHTMLを学ぶ必要があると感じてしまうでしょう。メール配信サービスによってはあらかじめエディタを備えているところもありますが、自社の配信システムを使いたい方も多いはずです。 そこで今回はHTMLを知らなく…

Google Apps ScriptとCustomers Mail CloudでHTMLメールを送信する

Google Apps Scriptを使うことでオフィスファイル(ドキュメント、表計算、スライドなど)をプログラミングからコントロールできるようになります。さらにCustomers Mail Cloudと組み合わせればメール送信も簡単です。 メールの本文はテキストからHTMLメール…

iOSのメーラー比較。動画メールに使えるアプリはどれか

HTMLメールを送るのは当たり前になっていますが、その中でも動画メールは鬼門です。HTMLメールに動画を埋め込んで配信するでも書いた通り、HTMLメールとして埋め込んだ動画については、殆ど再生できません。 そこで今回は主要メールアプリでの動作を確認し、…

お名前ドットコムでSPFレコードとDKIMレコードを設定する

Customers Mail Cloudを使ってメール配信を行う際に必要なのがドメインに対するSPFレコードとDKIMレコードの設定です。メール配信元が信頼できるのを証明することで、迷惑メールとして処理されるのを防止できます。 各ドメイン管理サービスによって設定方法…

Azure DNSでSPFレコードとDKIMレコードを設定する

Customers Mail Cloudを使ってメール配信を行う際に必要なのがドメインに対するSPFレコードとDKIMレコードの設定です。メール配信元が信頼できるのを証明することで、迷惑メールとして処理されるのを防止できます。 各ドメイン管理サービスによって設定方法…

AWS Route53でSPFレコードとDKIMレコードを設定する

Customers Mail Cloudを使ってメール配信を行う際に必要なのがドメインに対するSPFレコードとDKIMレコードの設定です。メール配信元が信頼できるのを証明することで、迷惑メールとして処理されるのを防止できます。 各ドメイン管理サービスによって設定方法…

オープンソースのメーリングマガジンシステムphpListをDockerで立ち上げ、メール配信を行う

phpListはオープンソースのメールマーケティングシステムになります。オープンソースなので自社ワークフローに合わせてカスタマイズしたり、社内システムと連携することもできます。 システム的にはPHPとMySQLというスタンダードな組み合わせで作られていま…

Emailがスパム判定されないために使いたいWebサービス&API

メールは送信したが最後、どう扱われるかはユーザの環境に依存します。送信する皆さんとしては、確実に受信箱に入って欲しいと思うでしょう。しかし、設定ミスや文面によってスパム判定されてしまうこともよくあります。 そうした事態にならないように、事前…

Customers Mail Cloudで送信するコマンドcmc.shの紹介

Customers Mail CloudではSMTPを使ったメール送信のほか、Web APIを使ったメール送信が可能です。これまでNode.js、Ruby、Pythonなど各種言語で実装したライブラリを紹介してきましたが、今回はちょっと変わったところでシェルスクリプトを使ってみました。 …

Customers Mail CloudのRubyライブラリでメール配信状態を取得する

Customers Mail Cloudには大きく分けて3つのAPIが用意されています。 メール送信 Webhook メール配信状態取得、更新 メール送信APIはSMTPやWeb APIを通じてメール送信を行います。Webhookはメールの受信や配信結果を受け取るための仕組みです。そしてメール…

Customers Mail Cloudで送信するコマンドcmc.shで添付ファイルに対応しました

Customers Mail CloudではSMTPを使ったメール送信のほか、Web APIを使ったメール送信が可能です。これまでNode.js、Ruby、Pythonなど各種言語で実装したライブラリを紹介してきましたが、今回はちょっと変わったところでシェルスクリプトを使ってみました。…

Customers Mail CloudのGoogle Apps Scriptライブラリでメール配信状態を取得する

Customers Mail Cloudには大きく分けて3つのAPIが用意されています。 メール送信 Webhook メール配信状態取得、更新 メール送信APIはSMTPやWeb APIを通じてメール送信を行います。Webhookはメールの受信や配信結果を受け取るための仕組みです。そしてメール…

みんなで使える共有メールアドレスをGoogleフォームで実現する

企業などで共有のメールアドレスを設定することはよくあります。例えば info@ であったり、 sales@ などです。企業であれば社内のメールサーバなどを設定すればいいでしょう。ドメイン部分は共通なので、管理しやすいはずです。 それに対してコミュニティや…

Netlify FunctionsとCustomers Mail Cloudを使ってサーバレスなお問い合わせフォームを実現する

Netlifyは静的サイトのホスティングサイトとして知られています。しかし時に動的な機能が欲しくなることもあるでしょう。そんな時に使えるのがNetlify Functionsになります。Netlify FunctionsはAWS Lambda上にコードをデプロイし、サーバサイドでコードを実…

Google Apps ScriptとCustomers Mail CloudでGoogle Drive内のファイルを添付送信する

Google Apps Scriptを使うことでオフィスファイル(ドキュメント、表計算、スライドなど)をプログラミングからコントロールできるようになります。さらにCustomers Mail Cloudと組み合わせればメール送信も簡単です。 今回はCustomers Mail Cloud用のGASラ…

Customers Mail Cloud用のRubyライブラリでメール送信を行う

Rubyでメール送信を行う際にはTMailやMail、ActionMailerを使うのが基本だと思いますが、環境によってはSMTPが使えない場合もあります。そうした時にはWeb API経由でのメール送信が便利です。 Customers Mail Cloudにはメール送信用のAPIが用意されています…

AWS LambdaとS3を使ってCustomers Mail Cloudで添付ファイル付きメールを送信する

最新のCustomers Mail Cloud用Pythonライブラリが添付ファイルに対応しましたので、それを使ってAmazon S3上のファイルを使ってLambdaでメール送信を行ってみます。

Python用ライブラリCustomersMailCloudで添付ファイルを送信する

Pythonでメール送信を行う際にはsmtplibを使うのが基本だと思いますが、環境によってはSMTPが使えない場合もあります。そうした時にはWeb API経由でのメール送信が便利です。 Customers Mail Cloudにはメール送信用のAPIが用意されていますが、それを使いや…

Node.jsライブラリからTransactional Email APIを操作する

Node.jsでメール送信を行う際にはnode-sendmailを使うのが基本だと思いますが、環境によってはSMTPが使えない場合もあります。そうした時にはWeb API経由でのメール送信が便利です。 Customers Mail Cloudにはメール送信用のAPIが用意されていますが、今回は…

Customers Mail Cloud用のNode.jsライブラリでメール送信を行う

Node.jsでメール送信を行う際にはnode-sendmailを使うのが基本だと思いますが、環境によってはSMTPが使えない場合もあります。そうした時にはWeb API経由でのメール送信が便利です。 Customers Mail Cloudにはメール送信用のAPIが用意されていますが、今回は…

送信先ごとにメールの文面を変える差し込みメールを送信する

メールマガジンなどでより効果の大きいメールを送るならば検討したいのが差し込みメールです。名前や商品、リンク先のURLをパーソナライズすることで、より相手に最適化されたメールを送信できるようになります。 一般的にはシステム側でメールの文面を最適…

Customers Mail CloudのWebhookでセキュリティ制限をかける

Customers Mail CloudにはWebhook機能が用意されており、メール配信時に何かイベントが起こったり、メールを受信した際にWebhookを実行できます。指定したURLを呼び出すだけでなく、Basic認証などのセキュリティ制限をかけることができます。 今回はそれらの…

Webhook APIを使ってGmailのようなエイリアスメールアドレスを処理する

Customers Mail Cloudではプログラム側からデータを取得したり、メールを送信するWeb APIの他に、Customers Mail Cloudでメールを受信した時にイベントを伝えてくれるWebhook APIが用意されています。 Webhook APIを使うことで、自前でメールサーバを立てず…