間違ってメール送信したりしないように。開発用SMTPサーバまとめ

マーケティング用のメールを誤送信してしまったり、開発中に誤って本物のメールアドレスを使ってしまったという経験はないでしょうか。冷や汗の止まらない、嫌な経験です。

そうしたミスを防ぐために使えるのが開発用SMTPサーバです。ローカルで立てるもの、クラウドサービスと開発者必見のサービスをまとめて紹介します。

ソフトウェア

travispessetto/OrigamiSMTP: A TLS Enabled Fake SMTP Server for Development

f:id:moongift:20210124112343j:plain

TLSをサポートした開発用SMTPサーバです。外部のSMTPサーバへの転送も可能です。GUIの画面が備わっており、その上で送信したメールの確認もできます。メールは日本語表示にも対応しています。

ChangemakerStudios/Papercut-SMTP: Papercut SMTP -- The Simple Desktop Email Server

f:id:moongift:20210124112359p:plain

Windows向けの実行ファイル形式で提供されている開発用SMTPサーバです。GUIがあり、送信したメールの確認が容易です(日本語は表示できません)。

smtp4dev - CodePlex Archive

f:id:moongift:20210124112408p:plain

Windows向けの実行ファイルで提供されています。SSL/TLSにも対応しているようです(別途証明書が必要)。日本語メールの表示も可能です。

mailhog/MailHog: Web and API based SMTP testing

f:id:moongift:20210124112426p:plain

Goで作られた開発用SMTPサーバで、Windows/macOS/Linuxと幅広く利用できます。SMTP Authにも対応しています。

FakeSMTP – FakeSMTP - Dummy SMTP server for developers

f:id:moongift:20210124112447p:plain

Java製の開発用SMTPサーバです。機能は多くありませんが、ボタンクリックですぐにサーバを立ち上げたり、落としたりできるので手軽です。

MailDev - Create better email during development

f:id:moongift:20210124112534p:plain

Webベースの管理画面付きです。Relay機能によって、条件を付けて転送が可能です。メールフォーマットの変換も可能で、多機能です。

MailCatcher

f:id:moongift:20210124112524p:plain

実行すると1025番ポートでSMTPサーバが、1080番で管理画面が立ち上がります。Web Socketを使って管理画面での受信反映が高速です。

SimpleMailServerの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

Windows用の開発用SMTPサーバです。機能は限定的とのことで、詳細なニーズに応えるのは難しいかも知れません。

Webサービス

Mailtrap.io — Fake smtp testing server. Dummy smtp email testing

f:id:moongift:20210124112549p:plain

メールを実際に送信する前に内容を確認するのに使います。スパム判定をしたり、レスポンシブ化での表示確認などが行えます。

MailSlurp Email API

f:id:moongift:20210124112607p:plain

開発やテストで利用できるメールアドレスを発行できます。メールの作成、送信、受信などがすべてAPI経由で行えますので、システムの自動化に役立ちます。

まとめ

ローカルでの開発中の場合にはソフトウェアベースのSMTPサーバが便利そうです。運用を開始した際にはクラウドサービスを使って、運用担当者が自分でメール内容か確認できるのが便利でしょう。

Customers Mail Cloudでは大量のメール送信も問題なく行えるメール送信サービスを提供しています。ぜひご利用ください!

クラウドからのメール送信を簡単に。確実に。| Customers Mail Cloud