サービスアップデートのお知らせ

平素より、弊社メール配信サービス Customers Mail Cloud をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 この度、サービスアップデートにより以下の機能改善および修正をリリースいたします。

リリースバージョン

本リリースバージョンは、5.7.4 です。

リリース日時

本リリースの作業は、2021年2月15日(月)~16日(火) の2日間での実施を予定しています。 作業実施の時間などの詳細については、後程メールにてお知らせします。

機能改善および修正

下記の機能改善および修正をリリースします。

Email Sending API / bulk【Proプラン】

Email Sending API / bulk の機能改善を行います。

Email Sending API / bulk は一括メール送信機能を提供しておりますが、使用状況によっては、メールリレーの処理に負荷をかける、スプールに必要以上にメールが滞留するなどの状況が発生することがありました。

本改善では、メールの生成速度をメールの送信速度に合わせるよう制御し、適切な負荷・スプールの使用状況となるよう改善いたしました。また、サーバのディスク使用量が40%を超えた場合にはメール生成を一時的に保留し、ディスクフルが発生しないよう改善いたします。

リレーサーバー

リレーサーバーの受信プロセスの機能改善を行います。

同報メール配信ソフト「Mail Distributor」とのSMTP通信上のシーケンス不整合に対応しました。これにより、「Mail Distributor」を使用してメール送信する際に発生する不具合を改善いたします。

受信サーバー

バウンスメールの解析精度を向上させます。

SMTP応答メッセージのパターンマッチを最適化するなど、より適切にエラー理由が判定できるよう改善いたします。

不具合修正

下記の不具合修正をリリースします。

Webhook / blocks

バージョン 5.7.2 以前に構築されたサーバの場合にて、Event Webhook / blocks の機能が有効にならない問題を修正いたします。

共有サーバの設定反映

公開・共有サーバの構成としている場合で、公開サーバ側のサーバ構成を「設定中」のままにしている場合に、共有サーバ側で設定反映を繰り返すと設定反映が出来なくなる問題を修正いたします。