お名前ドットコムでSPFレコードとDKIMレコードを設定する

Customers Mail Cloudを使ってメール配信を行う際に必要なのがドメインに対するSPFレコードとDKIMレコードの設定です。メール配信元が信頼できるのを証明することで、迷惑メールとして処理されるのを防止できます。 各ドメイン管理サービスによって設定方法…

Azure DNSでSPFレコードとDKIMレコードを設定する

Customers Mail Cloudを使ってメール配信を行う際に必要なのがドメインに対するSPFレコードとDKIMレコードの設定です。メール配信元が信頼できるのを証明することで、迷惑メールとして処理されるのを防止できます。 各ドメイン管理サービスによって設定方法…

AWS Route53でSPFレコードとDKIMレコードを設定する

Customers Mail Cloudを使ってメール配信を行う際に必要なのがドメインに対するSPFレコードとDKIMレコードの設定です。メール配信元が信頼できるのを証明することで、迷惑メールとして処理されるのを防止できます。 各ドメイン管理サービスによって設定方法…

オープンソースのメーリングマガジンシステムphpListをDockerで立ち上げ、メール配信を行う

phpListはオープンソースのメールマーケティングシステムになります。オープンソースなので自社ワークフローに合わせてカスタマイズしたり、社内システムと連携することもできます。 システム的にはPHPとMySQLというスタンダードな組み合わせで作られていま…

Emailがスパム判定されないために使いたいWebサービス&API

メールは送信したが最後、どう扱われるかはユーザの環境に依存します。送信する皆さんとしては、確実に受信箱に入って欲しいと思うでしょう。しかし、設定ミスや文面によってスパム判定されてしまうこともよくあります。 そうした事態にならないように、事前…

Customers Mail Cloudで送信するコマンドcmc.shの紹介

Customers Mail CloudではSMTPを使ったメール送信のほか、Web APIを使ったメール送信が可能です。これまでNode.js、Ruby、Pythonなど各種言語で実装したライブラリを紹介してきましたが、今回はちょっと変わったところでシェルスクリプトを使ってみました。 …

Customers Mail CloudのRubyライブラリでメール配信状態を取得する

Customers Mail Cloudには大きく分けて3つのAPIが用意されています。 メール送信 Webhook メール配信状態取得、更新 メール送信APIはSMTPやWeb APIを通じてメール送信を行います。Webhookはメールの受信や配信結果を受け取るための仕組みです。そしてメール…

Customers Mail Cloudで送信するコマンドcmc.shで添付ファイルに対応しました

Customers Mail CloudではSMTPを使ったメール送信のほか、Web APIを使ったメール送信が可能です。これまでNode.js、Ruby、Pythonなど各種言語で実装したライブラリを紹介してきましたが、今回はちょっと変わったところでシェルスクリプトを使ってみました。…

Customers Mail CloudのGoogle Apps Scriptライブラリでメール配信状態を取得する

Customers Mail Cloudには大きく分けて3つのAPIが用意されています。 メール送信 Webhook メール配信状態取得、更新 メール送信APIはSMTPやWeb APIを通じてメール送信を行います。Webhookはメールの受信や配信結果を受け取るための仕組みです。そしてメール…

Firebase Hostingと Cloud Functionsを連携してお問い合わせフォームを作る

Firebase Hostingを使えば静的なWebサイトを手軽にホスティングできます。しかし、Webサイトは静的な情報だけでは物足りないものです。たとえばお問い合わせフォームなど、動的な要素も組み込みたくなるでしょう。 Firebase HostingにはCloud Functions for …

WordPressのSMTPサーバ設定をCustomers Mail Cloudに変更する

オンライン上にあるWebサイトの1/3に達するといわれています(via Usage Statistics and Market Share of WordPress, October 2020)。CMS市場でも63%がWordPressによるものといわれており、世の中のWebサイトはほとんどWordPressベースという状況です。 み…

サービスアップデートのお知らせ

平素より、弊社メール配信サービス Customers Mail Cloud をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 この度、サービスアップデートにより以下の機能追加および修正をリリースいたします。 リリースバージョン 本リリースバージョンは、5.7.3 です。…

みんなで使える共有メールアドレスをGoogleフォームで実現する

企業などで共有のメールアドレスを設定することはよくあります。例えば info@ であったり、 sales@ などです。企業であれば社内のメールサーバなどを設定すればいいでしょう。ドメイン部分は共通なので、管理しやすいはずです。 それに対してコミュニティや…

Netlify FunctionsとCustomers Mail Cloudを使ってサーバレスなお問い合わせフォームを実現する

Netlifyは静的サイトのホスティングサイトとして知られています。しかし時に動的な機能が欲しくなることもあるでしょう。そんな時に使えるのがNetlify Functionsになります。Netlify FunctionsはAWS Lambda上にコードをデプロイし、サーバサイドでコードを実…

Google Apps ScriptでCustomers Mail CloudのWebhookを受け取る

Customers Mail Cloudではプログラム側からデータを取得したり、メールを送信するWeb APIの他に、Customers Mail Cloudでメールを受信した時にイベントを伝えてくれるWebhook APIが用意されています。 Webhook APIを使うことで、自前でメールサーバを立てず…

Google Apps ScriptとCustomers Mail CloudでGoogle Drive内のファイルを添付送信する

Google Apps Scriptを使うことでオフィスファイル(ドキュメント、表計算、スライドなど)をプログラミングからコントロールできるようになります。さらにCustomers Mail Cloudと組み合わせればメール送信も簡単です。 今回はCustomers Mail Cloud用のGASラ…

Customers Mail Cloud用のRubyライブラリでメール送信を行う

Rubyでメール送信を行う際にはTMailやMail、ActionMailerを使うのが基本だと思いますが、環境によってはSMTPが使えない場合もあります。そうした時にはWeb API経由でのメール送信が便利です。 Customers Mail Cloudにはメール送信用のAPIが用意されています…

AWS LambdaとS3を使ってCustomers Mail Cloudで添付ファイル付きメールを送信する

最新のCustomers Mail Cloud用Pythonライブラリが添付ファイルに対応しましたので、それを使ってAmazon S3上のファイルを使ってLambdaでメール送信を行ってみます。

Python用ライブラリCustomersMailCloudで添付ファイルを送信する

Pythonでメール送信を行う際にはsmtplibを使うのが基本だと思いますが、環境によってはSMTPが使えない場合もあります。そうした時にはWeb API経由でのメール送信が便利です。 Customers Mail Cloudにはメール送信用のAPIが用意されていますが、それを使いや…

Node.jsライブラリからTransactional Email APIを操作する

Node.jsでメール送信を行う際にはnode-sendmailを使うのが基本だと思いますが、環境によってはSMTPが使えない場合もあります。そうした時にはWeb API経由でのメール送信が便利です。 Customers Mail Cloudにはメール送信用のAPIが用意されていますが、今回は…

Customers Mail Cloud用のNode.jsライブラリでメール送信を行う

Node.jsでメール送信を行う際にはnode-sendmailを使うのが基本だと思いますが、環境によってはSMTPが使えない場合もあります。そうした時にはWeb API経由でのメール送信が便利です。 Customers Mail Cloudにはメール送信用のAPIが用意されていますが、今回は…

送信先ごとにメールの文面を変える差し込みメールを送信する

メールマガジンなどでより効果の大きいメールを送るならば検討したいのが差し込みメールです。名前や商品、リンク先のURLをパーソナライズすることで、より相手に最適化されたメールを送信できるようになります。 一般的にはシステム側でメールの文面を最適…

Customers Mail CloudのWebhookでセキュリティ制限をかける

Customers Mail CloudにはWebhook機能が用意されており、メール配信時に何かイベントが起こったり、メールを受信した際にWebhookを実行できます。指定したURLを呼び出すだけでなく、Basic認証などのセキュリティ制限をかけることができます。 今回はそれらの…

Webhook APIを使ってGmailのようなエイリアスメールアドレスを処理する

Customers Mail Cloudではプログラム側からデータを取得したり、メールを送信するWeb APIの他に、Customers Mail Cloudでメールを受信した時にイベントを伝えてくれるWebhook APIが用意されています。 Webhook APIを使うことで、自前でメールサーバを立てず…

サービスアップデートのお知らせ

平素より、弊社メール配信サービス Customers Mail Cloud をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 この度、サービスアップデートにより以下の機能追加および修正をリリースいたします。 リリースバージョン 本リリースバージョンは、5.7.2 です。…

Webhook APIを使って添付ファイル付きメールを処理する(PHP編)

Customers Mail Cloudではプログラム側からデータを取得したり、メールを送信するWeb APIの他に、Customers Mail Cloudでメールを受信した時にイベントを伝えてくれるWebhook APIが用意されています。 Webhook APIを使うことで、自前でメールサーバを立てず…

Webhook APIを使って添付ファイル付きメールを処理する(Ruby編)

Customers Mail Cloudではプログラム側からデータを取得したり、メールを送信するWeb APIの他に、Customers Mail Cloudでメールを受信した時にイベントを伝えてくれるWebhook APIが用意されています。 Webhook APIを使うことで、自前でメールサーバを立てず…

Customers Mail Cloud用Pythonライブラリを使ってAWS Lambdaでメール送信を行う

Customers Mail CloudはSMTPまたはWeb APIを使ってメール送信を行えます。SMTPを使える環境であれば、Postflixなどを使う方がメール送信は簡単かも知れません。しかし、メール送信はスパムやフィッシングメールなどにも通じるので、メール送信機能を提供して…

サービス規約改定のお知らせ

お客様各位 平素より Customers Mail Cloud に格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 この度、民法改正にあわせ、Customers Mail Cloud をご利用されておりますお客様、および、 ご利用を検討されているお客様にとって、よりわかりやすい規約とな…

Transactional Email APIを使って送信完了したメールを一覧取得する(Node.js編)

Transactional Email APIを使うと、メール送信に関する結果データを参照したり、ブロックリストの編集などを行えます。Webhookとは異なり、データを任意のタイミングで取得できますので、バッチ処理などに向いているでしょう。 今回はそのTransactional Email…